心因性の早漏治療にかかる費用

心因性早漏の特徴について

心因性早漏はストレスやトラウマなどが原因で発症します。過去にセックスをした際に早く射精をしてしまい、強いストレスを感じていると交感神経が働いて射精しやすくなります。心因性の早漏で悩んでいる人はストレスやトラウマが原因で射精が早くなり、さらにストレスを抱えて症状が悪化することがあるので注意が必要です。心療内科や精神科を受診してストレスやトラウマを解決することが重要になります。
人間の脳内には心身をリラックスさせるセロトニンという神経伝達物質が存在します。このセロトニンが不足すると精神的に不安定になり、心因性の早漏となることがあります。日光を浴びたりリズム運動をするとセロトニンの分泌を促すことができます。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸が原料となるので、食事にも気を配ることが重要です。カツオやマグロ、牛乳やチーズの他に納豆や豆腐などにトリプトファンが多く含まれています。

心因性の早漏治療に必要な費用とは

心因性の早漏治療は男性の悩みを専門的に扱う美容外科などで受けられます。ただし根本的な原因を治したいのであれば心療内科や精神科を受診するのがおすすめです。心療内科や精神科を受診する場合は保険が適用されるので費用が安くなります。海外から早漏治療薬を個人輸入するのも費用を抑えるのに有効です。安全に早漏治療を行いたいのであれば多少費用はかかりますが美容外科などを受診するとよいでしょう。
早漏治療を美容外科で受ける場合、保険は適用されません。料金は各病院ごとに設定されています。早漏治療をするならば様々な病院の料金と治療内容を比較検討することが大切です。費用を抑えることも大切ですが、効果的な治療が行われているかどうかも確認しましょう。亀頭増大手術や包茎手術を同時に受けるのも効果的です。投薬治療は価格が安いという特徴がありますが、数か月間にわたって継続的に行わなければなりません。価格だけでなく総合的な効果を考慮して最適な方法を選ぶとよいでしょう。

まとめ

心因性の早漏はストレスやトラウマが原因となって発症します。根本的な原因を治すには心療内科や精神科を受診するとよいでしょう。心療内科などを受診する場合は保険が適用されるので費用が安くなります。費用を抑えるには海外から安い早漏治療薬を個人輸入するのも有効です。男性の悩みを専門とする美容外科などでも治療を受けることができます。亀頭増大手術や包茎手術も早漏治療に効果的です。投薬治療を受ける場合、継続的に行う必要があります。総合的な費用と効果を考慮して最適な方法を選ぶことが大切です。

包茎性の早漏治療にかかる費用

早漏治療と包茎の関係

性行為において、ペニスを挿入してから射精するまでの時間には個人差があります。またでシチュエーションで変わることも少なくありません。経験を積むことで徐々に早漏が改善していくというのが一般的ですが、なかなか改善できずそれによってパートナーとの関係もギクシャクしてしまうようだと少し問題です。早漏で悩んでいる男性にとって、何か良い早漏治療法があるのでしょうか。もし早漏の原因が包茎にあるとするなら、その包茎問題を先に解決することで、早漏治療につながる可能性があります。日本人の多くが仮性包茎だと言われています。普段亀頭が包皮に一部あるいはすべてが覆われていても、勃起すれば亀頭が顔を出せる状態を仮性包茎と言います。仮性包茎の場合、刺激に弱い亀頭部分が常に包皮によって守られている状態にあります。そのために性行為による亀頭部への軽い刺激でも耐えられなくなってしまうのです。包茎手術を受けるなら、亀頭部は常に強い刺激にさらされ、徐々に刺激に対して強くなっていき、早漏治療につながっていくわけです。

早漏治療のための包茎手術の費用の相場

早漏治療のために包茎の手術を受ける場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。料金設定は病院によって異なりますが、ある程度の相場価格はあります。その相場価格を知っておくと、病院選びに役立ちます。まず仮性包茎の手術に必要な費用相場は、70,000円から100,000円前後です。包皮のカット方法に違いがあるので、よく確認することをおすすめします。完全に包皮が亀頭を覆い、勃起しても亀頭が剥けない真性包茎の手術の場合、費用相場は150,000円から180,000円となります。カントン包茎も150,000円前後です。これらの基本的な手術に加えて、ダブルVカット法や皮下修正法などのオプションが加わるとその分も加算されていき、200,000円以上の料金となる場合も少なくありません。自由診療なので、病院が価格を決めることができますが、それが極端に安かったり、あるいは逆に極端に高かったりする場合は、気を付けた方が良いと思われます。

まとめ

早漏の原因が包皮によって亀頭が守られ、刺激に弱くなっていることから来ている場合、早漏治療のためには包茎手術が有効になる可能性があります。亀頭が常に空気にさらされ、下着の中で擦れていくうちに刺激に強くなっていくからです。また包茎手術に必要な費用は、包茎の状態によって変わりますが、最も多い仮性包茎であれば、70,000円から100,000円前後が相場です。価格の安さよりも、経験と実績が豊富で安心して手術を受けることができる病院を選ぶのが大切です。

加齢・衰弱性の早漏治療にかかる費用

加齢・衰弱性の早漏について

加齢・衰弱性の早漏は男性が年齢を重ねて筋力が衰えることで発症します。我慢するための筋肉が衰えると、絶頂に達する前に射精することがあります。男性は加齢によって男性ホルモンの分泌量が減少します。ホルモンが減ると射精管閉鎖筋が弱まり我慢することができなくなります。射精をコントロールするには、この筋肉を鍛えるのが効果的です。
肛門の筋肉を締めて緩めるというトレーニングを繰り返すと鍛えることができます。このトレーニングが家庭だけでなく外出先でも簡単に行なえます。病院で早漏治療を受ける場合と異なり費用もかかりません。早漏治療薬を使用するのも有効な方法ですが、まずは自分で射精をコントロールできるようにトレーニングを行うとよいでしょう。射精までの時間をさらに長くしたいのであれば、包茎手術や亀頭増大手術を受けるのも有効な方法です。加齢・衰弱性の早漏は費用をかけなくても治すことができます。必要に応じて医師に相談するのがおすすめです。

費用を抑えて加齢・衰弱性の早漏を治療するには

加齢・衰弱性の早漏になると射精が早まるだけでなく勢いが弱くなります。一般的に40代以降の男性に多く見られる症状です。筋力の衰えが主な原因なので、デスクワークの多い仕事をしている中年以降の男性にも多く見られます。費用を抑えて加齢・衰弱性の早漏治療を行うには、自分で筋力をコントロールできるようトレーニングをするのが最も有効な方法です。
早漏には他にも心因性のものや過敏性のものがあります。それらは医師の指導を受けて治療を行うのが基本なので費用がかかります。また美容外科で早漏治療を行う場合、保険が適用されないため料金は高額です。海外から安い価格の早漏治療薬を個人輸入する方法もあります。しかし安全に早漏治療をするには多少料金が高くても病院へ行くのが賢明な方法です。男性の悩みを専門とする美容外科では加齢・衰弱性の早漏治療も行っています。病院へ行く場合は価格や治療内容、過去の実績などを比較して自分にあったところを選ぶとよいでしょう。

まとめ

加齢・衰弱性の早漏治療は病院へ行かなくても自分で行うことができます。射精をコントロールする筋肉が弱っているのが原因なので、トレーニングをすれば改善可能です。自分でトレーニングをするのであれば費用はかかりません。男性の悩みを専門とする病院でも加齢・衰弱性の早漏治療が行われています。基本的に美容外科で早漏治療を行う場合は保険が適用されません。医師の診察を受ける場合には、各医院の特徴を比較検討して自分に合ったところを選ぶことが大切です。

過敏性の早漏治療にかかる費用

早漏には様々な種類があります

早漏には様々な種類があります。例えば過敏性早漏はペニス周辺の皮膚が少し刺激を受けただけでも射精してしまうのが特徴です。その他にも過去のトラウマなどが原因で射精しやすくなる心因性のものや、体力の衰えによる衰弱姓のものが存在します。正常な男性であれば性的な興奮が脳に伝わった後で、射精のメカニズムが働きます。しかし過敏性の場合は陰茎の神経が敏感になっており、脳が性的な興奮を感じる前に外部からの刺激に対して脊髄が反応します。性的な興奮が非常に早く頂点に達してしまいます。
包茎の人は普段から亀頭が覆われているため性的刺激に敏感です。オナニーで早く射精する癖がある人も過敏性早漏になりやすい傾向があります。自分で早漏治療をするならば、包皮を剥いて亀頭を露出させ刺激に慣れるのが有効です。またオナニーをするときも早くに済ませようとせず、ゆっくりと時間をかけるとよいでしょう。病院で専門的な早漏治療を受けるのも有効な方法です。

早漏治療の費用について

早漏治療の費用は病院や治療内容によって異なります。基本的に保険が適用されないため、病院ごとに価格設定には違いが見られます。海外から安い早漏治療薬を個人輸入することも可能です。この方法だと早漏治療の費用を安くすることができますが、自己責任で服用する必要があります。安全に早漏治療を行いたいのであれば病院で診察を受けるとよいでしょう。多少費用はかかりますが安全です。
早漏治療の料金は病院ごとに違いが見られます。心因性の原因で早漏となり心療内科などで治療を受けるような場合は保険適用となります。保険が使える場合は費用を安く抑えることができます。形成外科などでは亀頭へのコラーゲン注入などが行われています。包茎治療を同時に行うのも有効です。価格は病院ごとに設定が異なりますが、コラーゲンなどを注入する場合の相場は10万円から40万円ほどとされます。病院によって治療内容と料金に違いがあるので、様々な病院を比較検討して最適なものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

早漏には過敏性のものや心因性のもの、衰弱性のものがあります。過敏性の早漏は神経が敏感になっていることで発症します。亀頭を露出させて刺激に慣れるようにすると改善できます。海外から安い早漏治療薬を個人輸入する方法もあります。病院では亀頭にコラーゲンなどを注入する手術が行われています。費用は各医院によって異なります。一般的な相場は10万円から40万円ほどとされています。同時に包茎手術を受けるのも早漏を改善するのに効果的です。