過敏性の早漏治療にかかる費用

早漏には様々な種類があります

早漏には様々な種類があります。例えば過敏性早漏はペニス周辺の皮膚が少し刺激を受けただけでも射精してしまうのが特徴です。その他にも過去のトラウマなどが原因で射精しやすくなる心因性のものや、体力の衰えによる衰弱姓のものが存在します。正常な男性であれば性的な興奮が脳に伝わった後で、射精のメカニズムが働きます。しかし過敏性の場合は陰茎の神経が敏感になっており、脳が性的な興奮を感じる前に外部からの刺激に対して脊髄が反応します。性的な興奮が非常に早く頂点に達してしまいます。
包茎の人は普段から亀頭が覆われているため性的刺激に敏感です。オナニーで早く射精する癖がある人も過敏性早漏になりやすい傾向があります。自分で早漏治療をするならば、包皮を剥いて亀頭を露出させ刺激に慣れるのが有効です。またオナニーをするときも早くに済ませようとせず、ゆっくりと時間をかけるとよいでしょう。病院で専門的な早漏治療を受けるのも有効な方法です。

早漏治療の費用について

早漏治療の費用は病院や治療内容によって異なります。基本的に保険が適用されないため、病院ごとに価格設定には違いが見られます。海外から安い早漏治療薬を個人輸入することも可能です。この方法だと早漏治療の費用を安くすることができますが、自己責任で服用する必要があります。安全に早漏治療を行いたいのであれば病院で診察を受けるとよいでしょう。多少費用はかかりますが安全です。
早漏治療の料金は病院ごとに違いが見られます。心因性の原因で早漏となり心療内科などで治療を受けるような場合は保険適用となります。保険が使える場合は費用を安く抑えることができます。形成外科などでは亀頭へのコラーゲン注入などが行われています。包茎治療を同時に行うのも有効です。価格は病院ごとに設定が異なりますが、コラーゲンなどを注入する場合の相場は10万円から40万円ほどとされます。病院によって治療内容と料金に違いがあるので、様々な病院を比較検討して最適なものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

早漏には過敏性のものや心因性のもの、衰弱性のものがあります。過敏性の早漏は神経が敏感になっていることで発症します。亀頭を露出させて刺激に慣れるようにすると改善できます。海外から安い早漏治療薬を個人輸入する方法もあります。病院では亀頭にコラーゲンなどを注入する手術が行われています。費用は各医院によって異なります。一般的な相場は10万円から40万円ほどとされています。同時に包茎手術を受けるのも早漏を改善するのに効果的です。