包茎性の早漏治療にかかる費用

早漏治療と包茎の関係

性行為において、ペニスを挿入してから射精するまでの時間には個人差があります。またでシチュエーションで変わることも少なくありません。経験を積むことで徐々に早漏が改善していくというのが一般的ですが、なかなか改善できずそれによってパートナーとの関係もギクシャクしてしまうようだと少し問題です。早漏で悩んでいる男性にとって、何か良い早漏治療法があるのでしょうか。もし早漏の原因が包茎にあるとするなら、その包茎問題を先に解決することで、早漏治療につながる可能性があります。日本人の多くが仮性包茎だと言われています。普段亀頭が包皮に一部あるいはすべてが覆われていても、勃起すれば亀頭が顔を出せる状態を仮性包茎と言います。仮性包茎の場合、刺激に弱い亀頭部分が常に包皮によって守られている状態にあります。そのために性行為による亀頭部への軽い刺激でも耐えられなくなってしまうのです。包茎手術を受けるなら、亀頭部は常に強い刺激にさらされ、徐々に刺激に対して強くなっていき、早漏治療につながっていくわけです。

早漏治療のための包茎手術の費用の相場

早漏治療のために包茎の手術を受ける場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。料金設定は病院によって異なりますが、ある程度の相場価格はあります。その相場価格を知っておくと、病院選びに役立ちます。まず仮性包茎の手術に必要な費用相場は、70,000円から100,000円前後です。包皮のカット方法に違いがあるので、よく確認することをおすすめします。完全に包皮が亀頭を覆い、勃起しても亀頭が剥けない真性包茎の手術の場合、費用相場は150,000円から180,000円となります。カントン包茎も150,000円前後です。これらの基本的な手術に加えて、ダブルVカット法や皮下修正法などのオプションが加わるとその分も加算されていき、200,000円以上の料金となる場合も少なくありません。自由診療なので、病院が価格を決めることができますが、それが極端に安かったり、あるいは逆に極端に高かったりする場合は、気を付けた方が良いと思われます。

まとめ

早漏の原因が包皮によって亀頭が守られ、刺激に弱くなっていることから来ている場合、早漏治療のためには包茎手術が有効になる可能性があります。亀頭が常に空気にさらされ、下着の中で擦れていくうちに刺激に強くなっていくからです。また包茎手術に必要な費用は、包茎の状態によって変わりますが、最も多い仮性包茎であれば、70,000円から100,000円前後が相場です。価格の安さよりも、経験と実績が豊富で安心して手術を受けることができる病院を選ぶのが大切です。